20150602_ピックアップ画像02

「①方向性を決めよう!」ではテーマを決めて、情報を整理、どんなデザインにするかを決めるまでいきましたね。

今回はいよいよ形にしていきます!

ここでのテーマは「日本国について」ですので、まずはレイアウトを考えましょう。

①レイアウト 

読み手としては、ボックスになっている方が読みやすいので、そのようにします。

ベースカラーは明るい緑でいきましょう!

01

今回はA4の用紙を新規で作成しました。だいたいのレイアウトはこのような感じでいきます。

日本地図を配置したいので、見出しは大きくとり、ページの端には10mmの幅を入れてあります。

幅をとらないで出力したら、紙いっぱいに印刷されますので、10mmくらいは幅があるレイアウトにした方がいいでしょう。

ここから区分された情報をはめていきましょう。

ボックスの大きさから想定し、初めに伝えたいこと、情報の多いものと順番に入れていきましょう。

 

②デザインしてみよう!

02 03 04

左図はそれぞれの項目と、その項目を連想させるイラストを用いて配置しました。
見出しを大きく表示して、何についての「インフォグラフィック」なのか、一目で分かるようにします。

真ん中は見出しの背景に日本地図を配置します。

日本についての首都、通貨、地域については見出しに吹き出しとして用いて、それぞれの項目に合ったイラストをうまくレイアウトします。

一番右図は、文字を配置しました。

やっと雰囲気が出てきて、仕上がりが見えてきましたね!
フォントだけでも雰囲気ががらりと変わってくるので、慎重に選びましょう!

これだけでは、図の見出しがさみしい感じがします。ここは遊び心を入れてみました。

05

東京に、高さ世界一「スカイツリー」が建設されたので、見出しには詳細を用いて配置。

大事なのは、正確に近いグラフを使用して、
なおかつ、これは何年の情報なのか伝わらないと意味がありませんので、

今回は「2014年」の情報を調べたので見出しに入れています。

これで「日本国について」のインフォグラフィックが完成しました!
あとは出力をしてみて、微調整をすれば完璧ですね!

終わりに

“一枚で分かりやすく、情報を見せる!”

「インフォグラフィック」のデザインは、作る側も読み手も知識を吸収できるので、とてもいいデザインの一つだと思います。

デザイン力を磨く一つの方法でもあるので、どんどん作ってみてください!

ピックアップ記事

  1. 意外と描けない?ぷにぷにかわいい赤ちゃんイラストの描き方!
    こんにちは! 自分に赤ちゃんができた、お知り合いに赤ちゃんが生まれた…そういう時! 新しく買…
  2. 透過記事2サムネイル
    こんにちは、前回は透過の方法についてお話しましたね。 透過した後に気になるのが、目に見えない薄さや…
  3. いろんな方向
    こんにちは! 皆さん楽しくお絵かきしていますか? 何気なく描いたイラスト…気づくと、こっちを…
  4. コテコテアメリカンキッズ
    今回新しいLINEスタンプがリリースされたのでお知らせです! ぜひ、使ってみてくださいね! …
ページ上部へ戻る