先日Any illustからリリースされたLINEスタンプですが、

リジェクトされて戻ってきてしまいました。
04002

その理由は…【透過処理の不十分】

 

スクリーンショット 2015-04-28 15.51.04このように、png画像はプレビュー表示では背景が白で表示されますが、
これだと白い消し残しがあっても気付くことができません。
それを知らずプレビュー画面を一通り見てチェックできたつもりになっていたのでした…

 

 

リジェクトされたスタンプをみてみましょう

 

image1

細かい部分ですが、たしかにポツポツとした消し残しや文字部分の透過もれなどがありました。
かなり細かい点までチェックされているようです。

とはいえ、42個の画像をひとつひとつクリックして
こまかい箇所まで丁寧に確認するとなると手間がかかります。

 

そんなときに便利なのがこちら。

【LINEスタンプシュミレータ】↓
http://line.g-at.net

 

スクリーンショット 2015-04-28 12.38.29

ここにスタンプ画像をアップロードするだけで実際のLINEトーク画面のように表示されます。

背景の色も変えられるので、色の判別もしやすくなります。
透過処理がきちんとできているかサクサクと確認できるので、非常に助かります。

スタンプ画像だけでなくメッセージも表示できるので、使用場面を想定したシュミレーションもできますね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

透過もれは注意次第で防ぐことができますので、しっかりチェックした上で申請してみましょう。

以上【LINEスタンプ制作のコツ -①透過処理】でした。

ピックアップ記事

  1. 今回新しいLINEスタンプがリリースされたのでお知らせです! ぜひ、使ってみてくださいね! …
  2. こんにちは! 今回も引き続き、photoshopを使って、アニメーションgifを作る方法についてで…
  3. 「①方向性を決めよう!」ではテーマを決めて、情報を整理、どんなデザインにするかを決めるまでいきました…
  4. 今回新しいLINEスタンプがリリースされたのでお知らせです! ぜひ、使ってみてくださいね! …
ページ上部へ戻る