一枚絵を描こう-②感情表現を描いてみよう

はじめに

重い前回作った、オリジナルキャラクター。

ちなみにこの子の名前は「ぶんちゃ」。

性格は、「おっとりしていて、マイペースで、周りを気にしないタイプ」。

けれど、作ったキャラクターはあまり生き生きしていない気がする。

それは…まだ動かしていないからです!

つまり、キャラクターの感情を描いてあげることによって、より生き生きとしたキャラクターになります。

 

感情表現

「感情表現」といっても数限りなくありますよね。

例えば、「喜び」、「悲しみ」、「怒り」…。

いわゆる形容詞が、沢山ある中で、思いついた表現をそれぞれ分けて絵にしてみましょう!

このように、左上に「感情表現」の名前を書き、スケッチブック全面を使って描いていきます。

楽しい

“たのしい”
上の絵は、「たのしい」の感情表現に対して、スキップや、お尻をみせて笑う、体が傾く、万歳をするなど、様々な「ぶんちゃ」の姿を描いてみます。

さみしい

“さみしい”
こちらの絵では、
「さみしい」の感情表現に対して、ぽつんとたたずむ、背中を向ける、石ころを蹴る、座り込むなどを描きました。

あと、形容詞の他にも、動詞や擬態語などを表現するのも面白いです!

考える

“考える”
上の絵では、「考える」という表現に対して、机に肘をつく、難しい表情、頭を抱えるなど「浮かばない」をイメージに描きました。

へろへろ

“へろへろ”
「へろへろ」という擬態語に対して、疲れた表情、だるい、地面に伏せるなど、脱力感丸出しで描きます。

 

こうやって、四方八方から感情表現を描くことでキャラクターの体型や、動きが分かってくると思います。

スケッチブック一冊を描ききるくらい、キャラクターの感情を描いてあげましょう!

おわりに

いかがでしたか。

描き疲れる頃には、自分が造ったキャラクターがどんなキャラクターなのか、すべてが知り尽くせていると思います!

次は、モノにしたオリジナルキャラの「シーン」を描いていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 今日は、イラストレーターの使い方についてです。 初めて何の知識もないまま触るとき、イラストレー…
  2. 今回新しいLINEスタンプがリリースされたのでお知らせです! ぜひ、使ってみてくださいね! 「の…
  3. 先日Any illustのLINEスタンプがリリースされました! 「ちょいうざマチコさんのいらっと…
  4. はじめに 前回の記事では、キャラクターの「感情表現」を沢山描きました。今回は、自分で作ったキャラク…
ページ上部へ戻る